About >> 防災・弱電設備設計施工事業

防災・弱電設備設計施工事業

直営技術員による責任施工

 自動火災報知設備はもとより、建築物に付随する弱電設備や防災設備に関して、国内外メーカーの様々な機器を横断的にインテグレート(組み合わせ)して幅広いご要望にお応えします。

 自社内に、プランニングや設備設計から施工管理のお手伝いをする熟練したセールスエンジニアと、平均年齢30歳の柔軟な感性を持ち機動力のあるフィールドエンジニアを多数擁し、責任施工を行うことが当社のセールスポイントです。

幅広いニーズに応じた設備を提供

 最近の住宅やマンションでは、インターホン設備にセキュリティ機能(火災警報・ガス漏れ警報・防犯警報・監視カメラ機能等)を組み合わせ、さらに電気錠設備を連動するのが当たり前になりました。

 高齢者の一人暮らしは、人知れず住戸内で倒れている(急病等)という心配があります。このような事故を防ぐためには、シルバー住宅用の生活モニターシステムが有効です。高齢者のプライバシーを守りつつ、外部から見守ることが出来ます。

 インターネットのブロードバンド化を利用した遠隔監視カメラも低コストで実現しています。このシステムに火災や防犯警報といったセキュリティ設備を組み合わせ、自動通報装置と連動すれば、離れた場所の自動監視が携帯端末等でローコストに行えます。

 移動体通信(携帯電話・スマートホンやブロードバンドモバイル通信端末等)が今後も情報通信の分野をリードしていくことは間違いないでしょう。当社は移動体通信基地局設置工事を通じて通信インフラの整備拡充に努め、電気・ガス・水道に匹敵する新世代のライフラインを支えていきます。

取り扱い設備

防災設備

弱電設備